天空美術館

こんにちは。神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせの
アドタックです。
 
先日、水の都は大阪梅田の、天空美術館に行ってきました。
 

 

 
スカイビルという、梅田駅から徒歩約10分。
40階建て、173メートルのビルの27階に、天空美術館はあります。高速エレベーターで一気に上がり、
受付を済ますと、広々としたスペース。
そしてインパクトのある大きな絵画が。
 

 
上記のパンフレットの様な、綿谷幸二氏の幻想的でダイナミックな作品が、絵画だけでなく立体造形も展示されています。
作品のサイズも大きく、間近で見る事が出来るので、プラチナを使った絵画など表面の凹凸もじっくり鑑賞可能です。
また、VRのシアターがあり、展示されている作品を立体として再構築した映像は圧巻。
描かれている生き物達が動き出し、極彩色の綿谷ワールドを旅する事が出来ます。
「あの絵はさっき見た!」という事が沢山あるので、映像の後にもう一度作品を見直す楽しみも。
 

 

 

 
展示スペースを抜けると、大阪西部を見渡せるちょっとしたカフェスペース。
いくつかの作品と、綿谷氏のアトリエの再現コーナーがあります。
ここでは写真を撮る事が出来るので、記念撮影も。
 

 
スカイビルは他にもカフェを併設した展望台や、昭和の街を再現した地下アーケードなどがあり、中々楽しめます。
大阪に行った際は、是非お立ち寄りください。
 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-03-29