三溪園に行って

こんにちは。
神奈川県大和市の印刷、企画、デザインならおまかせのアドタックです。

まだ梅の花が残る、横浜にある三溪園に行って来ました。
 

 

三溪園とは
三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開されました。
175,000m2に及ぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。
(現在、重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟)
東京湾を望む横浜の東南部・本牧に広がる広大な土地は、三溪の手により1902年(明治35)頃から造成が始められ、
1914年(大正3)に外苑、1922年(大正11)に内苑が完成するに至りました。
三溪が存命中は、新進芸術家の育成と支援の場ともなり、前田青邨の「神輿振」、横山大観の「柳蔭」、
下村観山の「弱法師」など近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれました。
その後、戦災により大きな被害をうけ、1953年(昭和28年)、原家から横浜市に譲渡・寄贈されるのを機に、
財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在に至ります。
 

「三溪園入り口」
 

「鶴翔閣(旧原住居)横浜市指定有形文化財」
 

「聴秋閣(徳川家光が二条城ないにつくらせた)」
 

「春草盧(織田信長の弟 有楽斎が建てた茶室)

 

三溪園は季節ごとにいい光景を味わえます。
ぜひ、行ってみてください。
 

 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-03-08