大谷資料館に行って来ました

こんにちは 神奈川県大和市の印刷、企画、デザインならおまかせのアドタックです。

連休に栃木県宇都宮にある大谷資料館(大谷石地下採掘場跡)に行って来ました

大谷資料館とは
地下採掘場跡、1919年(大正8年)から1986年(昭和61年)までの約70年をかけて、
大谷石を掘り出して出来た巨大な地下空間です。
その広さは、2万平方メートル(140m×150m)にもおよび、野球場が一つ入ってしまう大きさです。

なお、坑内の年平均気温は8℃前後で、地下の大きな冷蔵庫といった感じです。
戦争中は地下の秘密工場として、戦後は政府米の貯蔵庫として利用され、
現在では、コンサートや美術展、演劇場、 地下の教会として、
また写真や映画のスタジオとしても注目を集めています。

「地下杭内入り口」

「光と石の幻想的なコラボ」

「假屋崎省吾作品」

廃墟な空間に光を利用することで幻想的場所になる。
不思議な時間を過ごしました。

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2018-11-30