話題の「紙ストロー」使って見ました

マクドナルドやスターバックスなどが切り替えを表明している
紙ストローを使ってみました。

「紙」のストローが飲用に使えるということ自体が意外でした。
紙ですので、水を吸ってふやけてしまう、そんな印象でした。
ところが、紙のストローというのはふつうにあるものなのですね。

早速、アマゾンで購入してみました。

購入したものはストレートタイプの紙ストローで、英字柄の
ホワイトとブラウンが各10本、計20本入りで値段は300円でした。



質感は、ラップの芯の厚紙のような硬さで作られていますが、
やはり紙なので、力を入れると「キシキシ」とした触感です。



使った感じは、紙ではありますが、ちゃんと飲み物を吸い上げてくれて、
特に問題なく飲めました。



難点は、紙なので、数分たつとストローが水分を吸って柔らかくなってしまうこと。
15分ほどストローを刺していたら、下のほうからストローがグニャグニャになってしまいました。





やはり、なるべく早く飲みきること。長い時間紙のストローを飲み物に浸すというのは、
ダメですね。

そんなふうに、プラスチックのストローとの質感の差は感じましたが、
紙のストローで飲み物が飲める、というのが新鮮でした。



カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2018-11-16