108円の旅

こんにちは。神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせのアドタックです。

突然ですが、昨日買った缶詰を紹介します。
缶詰のイメージ=保存食。もしくは料理の素材。
そのまま料理として食べる物ってイメージはありませんでした。
 
最近では、調理済みで 料理の名前の付いた缶詰が多く売られています。
しかも、お馴染み和洋中以外の、エスニックなモノも増えてきました。
 
じゃあ、試してみるしかないって事で、そんな中から選んだのは
こちら↓
 
 
ガパオ チキンバジル 「本場タイで製造」とあります。 価格は、なんと税込み108円(安い!)
早速パッカンと開いてみると… 香り(におい)が一気に充満。なかなかの香ばしさ(笑)
そのまま一口いってみる。辛い! 子供は無理な辛さです。
ナンプラーも入っているのでタイ料理感は十分あります。
万人受けしないだろう潔さに好感が持てます。
で、やはり、コメのメシが必要。↓
 
 
常温の缶詰を温かいご飯にかけると、先ほどとは違う香りがたちこめます。
美味しそうです。(写真はちょっとアレですが、見た目の印象は悪くありません)
基本的には汁気の多い鳥そぼろ。大き目のスプーンでいきます。
 
 
うまい…バジルが効いています。辛さもスポイルされてマイルドに。
108円の缶詰に旨いとか言ってる自分をちょっとディスりながらも箸(スプーンね)は止まりません。

 
さらに、追いバジル(市販のバジルソースを追加)
 
結論…もちろん私見です。高級な缶詰も話題になった時期があり、価格相応の美味しさがありますが、
108円の低価格で、ちょっとだけ変わった気分で食べたい時、今回紹介した缶詰はアリでした。
シリーズがあるようなので、そちらも挑戦しようと思います。
 
興味の沸いた方は缶詰売り場へGO! 今や世界各国のオイシ・オモシロ缶詰が手軽に手に入りますよ!


カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2018-08-31