※ドローン講習の様子[RCヘリ操縦編]

ドローン技能習得 奮闘記 -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その20-

快晴で、暖かく風も無く練習日より。
最初の指馴らし後、講師から
「今日は対面の練習をしましょう」と。
まずは機体を右に向けてホバリング。
その状態で、機体の正面を自分に向けて
直ぐにまた機体の正面を前に向ける。
早速緊張しながら、初めての対面の練習。

  • プロポが新しくなり、操縦し易くなりました。

馴れない対面で、機体が不安定に。
さらに機体の正面を前に向ける時に、
余計な舵が入りもう機体はとんでもない
不安定な状態に!
「あー、そっちじゃない!」
「舵間違えた!逆だ」
講師からも
「舵の切り返しが遅い」
「集中して、立て直して」と檄がはいる。
それでも最後のフライトで一度
10秒程ではあるが、ホバリング
が出来て講師からも
「最後の良かったね。その感じ」
「対面慣れるまで、頑張りましょう」と。
久しぶりの緊張で肩に力が入りすぎて
肩がパンパンに。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2018-01-31

ドローン技能習得 奮闘記 -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その19-

曇り空で、気温も低く空気が冷たい。
最初の指馴らし後、講師から
「機体の左右の舵入れが少し遅いので
早くする為の練習をしましょう」と。
まずはお尻を自分に向けてホバリング。
その状態で、左に移動して止まる。
右に移動して止まる。早速練習。
「うわ!機体が落ちる」
「舵いれすぎた!」
地味で簡単そうだが、非常に難しい!

  • 寒い中での練習は、防寒対策重要です。

まず真横に移動する際に、
舵が上下にも入ってしまうようで
機体が上下動してしまう。
また止めようと舵を逆に入れるが
加減が判らず、機体が中々安定して止まらない。
「あー、そうじゃない」
と自分にイライラしてしまう。
講師からも「機体の動きが、もうむちゃくちゃだね。
機体の動きをみて、的確に舵入れないと」
と指摘される。
それでも最後には、講師から
「移動させても、止められるようになったじゃない」と。
左右の舵を的確に入れて、直ぐに止めるの難しい!!

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2018-01-17

ドローン技能習得 奮闘記 -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その18-

快晴でいい天気だが、気温が低く寒い。
最初の指馴らし後、機体を横にしての
ホバリングを右向き・左向き。
講師から「機体を横にするスピードを
もっと早くしてホバリングしてみましょう」
と提案があり早速実践!
すると機体が遊覧飛行して
全然上手く行かない!!

  • 横にしてのホバリングもずいぶん上達!

「うわ!」
「何処行っちゃうの!」
機体のバランスを取りながら
徐々に横にしてホバリングしていたので
早く横にすることで
瞬時に舵を入れていけないと
機体のバランスが崩れる!
だが何回か練習するうちに
対応出来るように。
「よしよし、慌てず」
「集中!集中!」
緊張して集中していたせいで
久しぶりに腕に激痛が!!
講師から「頭で考えないで、無意識に
舵を入れられるようになるまで後もう少しかな」と。
「うーん、いい感じ」
次回で横ホバリング卒業か?

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-12-22

ドローン技能習得 奮闘記 -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その17-

快晴で風も無く、いい天気。
最初の指馴らしの途中で講師から
「ちょっと一旦機体を下して」と。
「プロポを持つ位置が少し下すぎて
左右の指を上下に動かす時に
手ごと少し動いてしまっている」との指摘。
講師のプロポを持つ位置と比べてみると
確かに少し下を持っている。

  • エンジンとプロペラを交換してくれて、
    前より操縦しやすくなりました。

そして指の動きも講師の動きと比べると
スムーズに動いていない。
「なるほど!」
プロポの持つ位置を替えて、実際に操縦してみる。
すると確かに、指の動きが滑らかに
「確かに指が動かしやすい!」
この少しの指の反応の違いが、
機体を瞬時にコントロールするには
非常に重要だ。
その後の練習で講師から
「指もスムーズに動くようになって、
だいぶ機体も安定していいじゃない」と。
プロポの持つ位置、あなどれない!

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-11-30

ドローン講習番外編

こんにちは。
大和市の印刷会社アドタックです。
印刷はもちろん。企画からデザインまでお任せください。

さて、本日は先日のドローン講習の様子をご紹介したいと思います。
現在、ドローン撮影部隊を立ち上げるためにスタッフが猛特訓中です。
新たにカメラスタッフも撮影時のイメージを高めるために、ドローン講習の先輩から操縦方法を教わっています。

自動で姿勢制御を行ってくれるGPSモードで練習しますが、室内のため電波の入りがあまく、安定せず常にフラフラ。
まだまだ操作に慣れていない自分では操作を誤って向きを変えてしまい混乱してしまったり、プロポの力加減がわからずに予想以上に勢いよく進んでしまい壁にぶつかりそうになったりと常に混乱していました(^^;)
後半では電波の良いポジションに移動。前半とは打って変わって機体が安定し、非常に操作がしやすくなりました。
この日はドローン自体の向きは変えずに決まったエリアで機体の制御の練習。
最後に離着陸を練習しました。


自動車ラジコンの経験はあったのですが、全くの別物で非常に難しかったです。
もちろん、それと同時にとても楽しかったです。

撮影された映像を見る限り、簡単に撮れるイメージがありましたが全然そんなことはなかったです。。。
一定のスピードで機体を動かしたり、一定の高さを保ちながら操縦するのには慌ただしくも繊細な操作が必要で習得までは時間がかかりそうです。

※ドローンは航空法の対象になりますので、許可なく飛ばすと法律により罰せられますのでご注意ください。
※練習は専用の練習場を使い、専門スタッフの監督の元に安全に行われております。




カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-11-17

ドローン技能習得 奮闘記  -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その16-

曇り空で少し寒く、風が少し強い。
最初の指馴らし後、頭を右に向け
機体を横にした状態で、奥に手前にと
移動する練習。
以前も練習した事はあるが
風が少し強いだけで難しくなる。

  • スパークを初体験。
    制御がジェスチャーで行えるなど、面白い。

講師からは「風がある方が、いい練習になるね」と。
練習中一度だけ、集中して見過ぎのせいか
焦点が合わなくなり一瞬機体を見失い
機体が奥に流れていて
「あれ?」
「やばい!!」
とっさに機体を旋回させ
操縦に自信のある後ろを自分に向け
機体を立て直す。
「あぶない、あぶない」
すると講師から「機体の一点に集中しないで
機体全体を見る感じの方がいいよ」とアドバイス。
確かに自信のある向きなら、
全体を見ながら操縦しているが
自信が無いと、余裕が無いせいか
一点に集中してしまっていた。
自信がつくまで練習あるのみ。
頑張ろう!

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-11-15

ドローン技能習得 奮闘記  -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その15-

長雨で中々出来なくて久しぶりの練習。
晴れたが台風が通過した後で、風が少し強い。
最初の指馴らしで風が少し強いのと
久しぶりなのとで、上手く出来ていない!
「あれ、おかしい!」
「全然安定しない!」

  • 練習日は、やっぱり晴れた日の方が気持ちいい。

すると講師からすぐに指摘が
「無駄な舵が多いよ」
「舵大きく入れ過ぎ。もっと細かく」と。
いつも通りの練習でも、
風が少し強いだけと久しぶりでこのありさま。
その後思う様に動いていなかった指も、
すぐに感覚を取り戻し、
「よし。この感じ!」
「指も動いてきた!」
講師からも「安定してきたね」と。
機体が風でどう流されているのか
考えながら舵を入れ、機体を安定させる事が
いかに難しいか。
たまには、風がある日に練習するのも
いい勉強になりますよ。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-10-26

ドローン技能習得 奮闘記  -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その14-

夜中少し雨が降っていた様だが、
朝方には雨は止んで曇り空に。
最初の指馴らし後、テールを自分に向けて
ホバリング状態から右・左・右・左
と左右に機体を振る練習。

  • また趣味でトイドローン買いました。
    スマホでリアルタイムに映像が見られて
    意外と楽しい。

これが予想以上に難しい。
なぜかというと、左右の舵を真横に
入れているつもりが未だに斜めに舵が入ってしまって
機体が上下にも動いてしまう。
もう機体は上下左右に、全然安定しない状態に。
「うわ!」
「なんでだ!!」
右手に集中すれば今度は前後がおろそかに。
講師から「まずは、上下もう少し抑えて」
と指摘が入る。
判ってはいるものの、指が中々動いていない様で。
さいさん講師から「指動いてないよ」と。
何度か練習して、右の親指を意識して動かし
上下の動きはだいぶ無くなった。
練習が終わった頃には、久しぶりに
右手が少し痛くなっていました。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-10-12

ドローン技能習得 奮闘記  -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その13-

朝から曇り空で、少し涼しい空模様。
最初の指馴らし後、機体を横にしての
ホバリング状態から機体を奥にそして
手前にと移動する初めて練習!

  • 機体を移動させるだけで、ダイナミックで
    操縦している感が出るので、また面白い。

頭では判っているものの、いざやってみると
少ししか舵を入れていないつもりが
大きく奥に行き過ぎパニック。
「あ、行き過ぎ!」
少し手前にもどすも見える機体の大きさが
小さくなる為、機体がどれ位傾いているのか
判断出来ず、また奥に機体が流れている!
「やばい、また流れている。」
講師から「ほとんどの人が最初は、
奥に行く傾向にあるからね」と。
新しい事をする事で、また新しい壁が・・・
難しいが、一筋縄では行かない所がまた面白い!

数日後、屋内のドローン練習場へ。
マニュアルで、対面の練習。
緊張しながら、集中しているせいで
だいぶ疲れるが、安定して来た。
この緊張が取れて操縦出来たら、
対面も克服かな。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-09-27

ドローン技能習得 奮闘記  -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その12-

曇っていた空も、練習を始める頃に弱い霧雨が。
今回は、ヘリ練習後にファントム2で、
約1.5メートル間隔で、4か所にポールを立て
ポールから出ない様に、ホバリングした状態で機体を回転
させるピルエットに挑戦!

  • ポールの存在が、予想以上にプレッシャー。

まずはGPSを入れた状態で。
何とかポールからは出ないで済んだが、
思いのほか難しい。
次は、GPSを切ってATTIで。
風に流され、ポールに当たり
緊張のあまり思う様に操縦出来ない。
動ける幅に、制限があるだけで
こんなにも上手く操縦出来なくなるものかと痛感。
講師から「ピルエットは、機体を回転させるので
向きが絶えず変化する。その変化する機体の向きに瞬時で
舵を入れないと機体が流される。ピルエットをやると
その人の操縦技能がすぐに判るよ」とのこと。
なるほど、納得。

数日後、屋内のドローン練習場へ。
マニュアルで、対面の練習。
前後左右はいい感じに。
だが、上下動が安定しない。
1つに集中すると、もう1つがおろそかに・・・

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-09-13