046-264-8337

data@adtack.co.jp

[営業時間 10:00〜18:30]受付時間/平日10:00〜18:30 土・日・祝日休受付時間/平日10:00〜18:30 土・日・祝日休


※ドローン講習の様子[RCヘリ操縦編]

ドローン技能習得 奮闘記 -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その2-

前回から始まった、RCヘリ操縦の練習。
ドローンのマニュアル操縦よりも、
操縦している感があり非常に面白い。
しかし、操縦は困難を極める!
ドローンのマニュアル操縦で舵を入れた時の
機体の動きが、RCヘリだと倍動く感じがする。

  • 燃料のアルコールを入れてるところです。


講師からは、「大きく舵を入れ過ぎてるよ。
もっと細かく多く入れないと」とアドバイス。
「もっと細かく」
「もっと多く」
頭で何度も復唱しながらの操縦。
集中し過ぎて、目をつぶっていないのか
目が痛い。そして疲れる。
また、いつの間にか前傾姿勢になっていて
足までもが痛い。
RCヘリ操縦の練習が終わった頃には、
全身ヘトヘトに。

数日後、屋内のドローン練習場へ。
機体を横にしてのマニュアル特訓。
だいぶ慣れてきた。
だが、一回大きく舵を入れ過ぎ
焦ってさらに間違えて
壁に激突しそうに・・・。
焦っても間違わない自信をつけないと!

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-04-20

ドローン技能習得 奮闘記  -マニュアル操縦習得編 RCヘリ その1-

いつもと違う特別な思いで練習に向かう。
なぜなら講師の提案で「ドローンの操縦技術を
習得するなら、RCヘリの操縦を練習した方が
ドローンマニュアル習得への近道」との事。
そして今日がそのRCヘリ操縦を練習する初日。

  • RCヘリの操縦も基本一緒なんですよ。


RCヘリの全長は約1メートルとかなり大きい。
「緊張する」
講師からは、「ドローンの操縦と一緒だよ」と。
いざRCヘリの初フライト!!
機体は前後左右に遊覧飛行。
「感覚が違う」
「怖い」
しかし回数を重ねていくうち
だいぶ慣れてきて
「大体ホバリング出来る様になったね」
と講師から。
難しいがおもしろい。

数日後、屋内のドローン練習場へ。
機体を横にしてのマニュアル特訓。
舵の間違いは、無くなってきたものの
舵の入れ方がまだまだ大きい。
もっともっと細かく入れないと・・・。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-04-07

ドローン技能習得 奮闘記 -修行編 その7-

久しぶりの曇り空で、寒い。
しかし、屋内でのマニュアル練習の成果を
見せるべく熱い思いで、練習に向かう。
機体の後ろを自分に向けての
マニュアル操作中、講師から
「だいぶ、舵を細かく入れられるように
なったね。じゃあ、機体を横にしてのマニュアルも
ちょっとやってみようか」と。

  • 機体の中身、こんな感じになってるんですね。


横向きか・・・。
緊張しながらも、機体を横に。
「うっ」
「あっ、舵間違えた」
1つの操作ミスで、機体は思いとは違う方向に
一瞬で流されあえなく10秒程で終了。
「舵間違えたでしょ」と
講師から指摘。
難しい!

数日後、屋内のドローン練習場へ。
機体を横にしてのマニュアル特訓。
いざ、機体を横に。
「やばい」
一度、舵を間違えネットに突っ込みそうに。
舵の間違い。
無くさないと・・・。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-03-24

ドローン技能習得 奮闘記 -修行編 その6-

今日こそ、マニュアル操作習得するぞ。
リベンジだ!
講師から「もっと細かく舵を入れる様に」
とアドバイス。
ATTIモードと違って下に急に落ちる事を
前回で経験したので、対応の準備は万全。
いざ、マニュアル操作に再チャレンジ。
「あっ、舵が大きい」
「下に落ちて行く」
四苦八苦しながらも、何とか自力で
数分間のホバリングに成功!

  • 機体の向きが判る様に、ライトを貼り付けてみました。




だが機体の後ろを自分に向けての操作しか
出来ていない。
機体を右・左の真横、
機体の前を自分に向けての操作は・・・。
まだまだ課題は多い。


数日後、屋内のドローン練習場へ。
マニュアル操作が出来た自信と、
風で機体が流されないので、
防護用ネットに1回も突進する事なく
ある程度、安定したホバリング。
「よし」
次回は横向きの、特訓だ!

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-03-08

ドローン技能習得 奮闘記 -修行編 その5-

今日は久しぶりの快晴で風もそれほど無い。
よし、思う存分練習が出来るぞ。
現地に到着し講師から
「今日はホバリングした状態で
機体を回転させて、同じ位置をキープする
練習をしましょう」
たえず機体の向きが変わるので、
頭の中で機体の向きを
たえず考えながらの操作。
いつも以上に集中力を使うのか
集中力が長く続かない。
疲れる。

  • 機体の向きが判り易い様に、ガードに蛍光テープを貼ってみました。

最後にマニュアル操作に挑戦。
機体が大きく右に、左に。
そして、下に急に落ちて行く。
やばい、落ちる。
瞬時に講師の操縦に切替え。
機体は落ちる事無く、3秒程で終了。
マニュアル操作、まだまだ難しい。

数日後、屋内のドローン練習場へ。
室内なので、風の影響も受けないので
マニュアル操作に再度チャレンジ。
しかし、床に置いた状態から
機体を上昇させる事すらも出来ず、
何度か、防護用ネットに突進。
さらに、練習を重ねないと。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。


カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-02-21

ドローン技能習得 奮闘記 -修行編 その4-

暖かいポカポカ陽気で
野外ドローン練習にはうってつけ。
だが・・・・。
練習を妨げる邪魔者がいた。
そう。それは
“風”
現地に到着。講師から
「一時的に風が強い時もあるけど
大丈夫。経験することが大事」と。

  • ※変更前
  • ※変更後
    機体の向きが見て判り易い様にガードの色を替えてくれました。自分の機体も工夫してみよう。




いざ緊張しながら練習開始!
とはいえ、風が強くなるたびに
「ヒィー」「ギャー」
悲鳴と絶叫の連続!
「練習を重ねれば、風が少しは読める
様になってきますよ」と講師からアドバイス。
また課題が1つ増えた。
1つ1つ乗り越えて行こう。

数日後、屋内のドローン練習場へ。
室内なので風の心配はないので
風が無いだけでいかに
操作が簡単か。
何事も経験ですね。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。




カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-02-09

ドローン技能習得  奮闘記  -修行編 その3-

新年最初の教習で気合注入。
という熱い思いとは裏腹に最強寒波の襲来で
最低気温なんと-2.2度の予報。
「まじか!」
「屋外で練習できるのか。おい。」
万全の寒さ対策でいざ、実技教習へ。
さすがに講師の方もあまりの寒さに
こんな物を用意しておいてくれました。
なんとうれしい心配り。

講師と練習生用のプロポです。



こんな感じで練習してました。


さて練習はといいますと。
進行方向に機体を向けて
右回り、左回りの反復飛行練習。
「右手の舵、今度は左手の舵、休んでるよ」
と何度も講師からするどい指摘。
「あ、あ、すいません」
指をプルプルさせながら、必死に操作。

数日後、屋内のドローン練習場へ。
両手・両手・両手
と念仏を唱える様に
ひたすら
練習、練習、練習。
「指がぁぁぁ」つって来た

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。

カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2017-01-27

ドローン技能習得  奮闘記  -修行編 その2-


2回目の屋外での技術教習に行ってきました。
ポールを数か所設置し
各ポールを目指しながら
右回り、左まわりと飛行練習。
ポール目指して真っすぐに飛ばしているつもりが
前後左右に行ったり来たり。
講師から、飛ばす方向のポールを視界に入れるようアドバイス。
機体が安定しないので、常に機体を見ている状況で
ポールを見る余裕なんて・・・
ポールをチラリ。
まだその位の余裕しかありませんでした。




1週間後、屋内のドローン練習場へ。
機体の距離感がまだ判らずに
設置ゲートにぶつかりそうに。
機体の操縦も難しいですが
距離感もまた、とても難しいです。

ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。

カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2016-12-22

ドローン技能習得  奮闘記  -修行編 その1-

社長からの突然のミッション。
「新しい撮影の方向性の1つに、ドローンでの空撮を取り入れたい」
「ドローンで空撮出来る様になれ」と。

ドローン?




ドローンはPHANTOM2です。

どこから始めればいいのか判らず、ネットでドローン空撮を検索。
結論はひたすら練習あるのみで、ドローン技術教習を受けることに。


背負子にドローンケース縛りつけて練習場へ。ダサイ?

いよいよ屋外での技術教習の日、メニューは3時間のコース。
GPS機能での操縦は楽勝?でした。
マニュアル操縦は、機体が風に流されて
安定しない。
やばい。
そんな状況でした。
3時間のコースが終了する時には、緊張のあまり肩と腕がパンパン。
ドローン操縦って筋トレなのか?

1週間後、屋内のドローン練習場にて2時間練習。
屋外と違って、ネットや壁がある限られた空間の為、何度もぶつかりそうに。
屋内ならではの緊張感で、やはり肩と腕がパンパン。
奥が深い。
ドローン操縦習得への道は、まだまだ続く。

カテゴリー: ドローンブログ 投稿日: 2016-12-09