デザイン探訪in台湾 その2

(その1はコチラ

 

こんにちは。神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせのアドタックです。

 

広場一面に並んだ黒いボックス。
 
昨年の夏、台湾を訪れた私は不思議な光景に出合った。
 
台北市内にある、かつて煙草工場だった広大な敷地を利用して建設された文化総合施設、
『松山文創園区』でのことだ。

 

 

園内にある大型複合書店『誠品生活』を目指していると、

広場一面に並んだ電話ボックスほどの黒い箱に遭遇したのだった。

 

 

夕暮れということもあり、それは一瞬、夢の中のようにも見えた。
 
大きさは、電話ボックスくらい。
何かのアートイベントだろうか。それにしては人気がない。
 
ボックスに近づいてみると、左右の壁はなく
代わりに黒いのれんのような布がかかっている。

 

 

中を覗くと、座るための台とヘッドフォンが設置されている。
どうやら内壁に表記された、2桁の数字が示す年代ごとの流行歌を聴けるらしい。

 

 

1930年代のボックスに入ってみる。
ヘッドフォンから流れているのは、重々しい曲調に男性の歌声。
軍歌か革命歌だろうか。
 
次は90年代へ。
一転して、底抜けに明るいポップス調の曲だ。
 
唐突に出会ったユニークな体験に得をしたような、愉快な気持ちになった。
大がかりな展示の割に人が少ないのも、のんきな雰囲気でいい。
 
そして今回の旅のお目当て『誠品生活』に向かう。誠品生活は『アジアで最も優れた書店』に選ばれ、
 
あの蔦谷書店も参考した台湾を代表する大型書店チェーンだ。
書籍だけでなく、館内には服飾雑貨、カフェなど様々なお店が入っている。
 
最近、雑誌の台湾特集やガイドブックでは“MIT”(メイド イン タイワン)というキーワードを頻繁に目にするようになった。
“MIT”とは台湾独自の文化や感性を表現し、品質にこだわった台湾製のグッズを指す。
『誠品生活』2階にはその“MIT”にこだわった雑貨を集めたフロアがあるというので、どんなアイテムがあるのか楽しみにやってきた。
 
文房具にコスメ、コーヒーやお菓子などいろいろなコーナーあって目移りする。
台湾の若手デザイナーの商品が中心とあって、伝統的・民族的というよりは、手に取りたくなるおしゃれなデザインが多い。
 

 

 

 

 

 
『誠品生活』の商品に限らず、意外なことにパッケージの多くに漢字が使われている。
街中で目にするPOP体の漢字のような野暮ったさはない。
アルファベットとは違う有機的な柔らかさ、洗練された独特の魅力が漢字にあることは、今回の一番の発見だった。
 

 
『誠品生活』は駅ナカにもある
 

 
色使いがかわいい駅貼りポスター
 

 
お茶畑で有名な猫空(マオコン)で見つけたナイス鉄柵
 
そして今年の秋『誠品書店』の日本1号店が、日本橋『COREDO室町』にオープンするそうなので、ぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。
 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-05-17

大和まつりご来店ありがとうございました

こんにちは。
神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせのアドタックです。
 
5/11(土)、12(日)に開催された大和市民まつりでは
たくさんのご来店誠にありがとうございました。
 

 

 
アドタック恒例の紙販売は今年も大好評!
紙販売を楽しみにされているお客様も多く、
今年も開催前からお問合せを頂きました。
 
もちろん、スタッフオリジナルデザインのメモ帳も力作ぞろいでしたよ〜!
 

 

 
ゲームコーナーは去年よりさらにパワーアップ!
こちらも、遊び方から土台まで全てスタッフによるオリジナルです!
終日お子様たちに大人気でした(^^)
 

 

 
そして今年が2回目のチャレンジとなった『印刷屋さんのクレープ』。
こちらも大盛況となり2日間で約600食を販売!
クレープチームも達成感いっぱいのお祭りとなりました。
 

 

 

 

 

 
来年もアドタックならではの企画でお待ちしておりますので
ぜひお立ち寄り下さいね!(^^)
 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-05-14

おじさん渋谷へ行くの巻

こんにちは。神奈川県大和市で印刷、企画、デザインならおまかせのアドタックです。

 

渋谷ヒカリエで観光ガイド「d design travel」の25冊目にあたる

高知号の発売を記念する展示会に行ってきました。

 

私にとって四国は約25年前に初めてオートバイで旅をした所で

高知県の四万十川を見る事が目的でした。

関東以外で四国が一番訪れた回数が多くその中で高知県は日本で一番好きな場所なので

今回の展示会を知り絶対行かなければと思った次第です。

 

「d design travel」は47都道府県を1県ずつ1冊に編集した観光ガイドブックです。

本当に感動したものだけを「ロングライフデザイン」の視点で紹介されています。

会場では実際にその土地で使われている高知県ならではの道具や日用品、工芸品などが展示されていました。

 

 

 

d design travel 高知号。編集センスが良く他の情報満載の旅行雑誌とは違います。

 

 

 

展示会では高知県関連の商品が販売していたのでいくつか購入しました。

地元の漁師さんが使用する網をリユースした製品「Ryousi Ami TAWASI」(上左)。

四万十川の間伐材を使用した持ち歩くフレグランス「ぽけっとひのき」(上右)。

高知県出身でアンパンマンの作者やなせたかしさんのポストカード(下左)。

手漉き和紙(下右)。高知県の土佐和紙は有名。

 

 

25年前に使用していたキャンプ道具。

左からTrangiaのコッヘル、LE GRAND TETRASの水筒、

OPTIMUSのガソリンストーブ、下はGサカイのフィッシュナイフ。

 

今回の展示会に行って旅をしていた頃を思い出させてもらいとても良い一日でした。

 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-05-10

『印刷屋さんのクレープ』チーム練習 〜最終回〜

こんにちは。
神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせのアドタックです。
 
大和市民まつり『印刷屋さんのクレープ』チームからの更新です(^^)
 
いよいよ今週末、5/11(土)・12(日)は『大和市民まつり』です。
 
連休中にクレープチームは最後の特訓をしました!
 
当日と同じ作業台の配置で、フォーメーションもしっかり確認。
 

 
メニュー表も用意しました。
今年の看板イメージと合わせたデザインです。
 

 
練習用と本番用のクリームも準備OK!
 

 
思い返せば2月から始めた特訓、限られた回数ではあったけれど
お互いアドバイスしながら少しずつですが上達することができました。
 

 
当日はこちらの4種類をご用意してお待ちしております(^^)
・バナナチョコホイップ(¥300)
・チョコホイップ(¥200)
・カスタードチョコホイップ(¥300)
・バターシュガー(¥200)
 

 

 
5/11(土)と12(日)の大和市民まつりは
『印刷屋さんのクレープ』看板を目印にぜひお越しください!
もちろんクレープ以外にも毎年好評の紙販売、お子様ゲームなどもやりますよ〜!
 

 
スタッフ一同お待ちしております(^o^)/
 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-05-07

令和時代でも普遍の名言

こんにちは。

神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせのアドタックです。

 

マザー・テレサ。カトリック教会の修道女にして1997年に亡くなったノーベル平和賞を受賞した偉人です。

平成も終わりに近づき令和元年を迎える今、いつの時代でも言葉は普遍。

現代で生活をする中でも人生やビジネスにおいて考えさせられる数々の名言が過去の偉人達の言葉にはあり、
参考になると考えます。
 
その中でもマザー・テレサの下記の言葉には深く感銘を受け、
こちらの「マザー・テレサ~日々の言葉」という書籍を手にしました。
 

 
『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』
 
私的結論。「思考に気をつければ、運命は変わる」。
日々、社会で過ごす中で、行動や言葉の前に必ず思考が伴うので、思考を大切にしていきたいです。
捉え方は十人十色でも深い言葉だと思いませんか?
 

 
こちらの本、マザー・テレサの発した数々の言葉が1年間365日分綴られています。
ちなみに手にしたのはいいけれど、紹介した名言について記載はありませんので注意。
 
印刷会社として身近な書籍。デジタル時代でも皆さんも大切な本を見つけてください。
 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-04-26

こんにちは。
神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせのアドタックです。
 
さて、音楽は好きですか?
私もよく音楽を聴きます。
 

 
音楽を聴く際、何で聴いてますか?
イヤホン、ヘッドホン、スピーカー…のいずれかと思います。
 
出かける時はヘッドホンを使い、家にいる時はスピーカーを使っているのですが
部屋の音楽が流れている箇所の近くだと、よく聴こえて
部屋の隅など少し離れてしまうと音が聴こえにくいってことがありますよね?
これどうにかならないかなぁと思って色々調べていたら、とあるスピーカーのことを知りました。
 
それは「無指向性スピーカー」
 
これだと、部屋のどの場所にいても音が変わらず聴けるそうです。
ほしい…すごく…探し出して買おうと思っている今日この頃です。
 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-04-19

『印刷屋さんのクレープ』チーム練習 vol.04

こんにちは。
神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせのアドタックです。
 
大和市民まつり『印刷屋さんのクレープ』チームからの更新です(^^)
 
5月11日(土)・12日(日)の本番へ向けて特訓は続いています。
 
今回は練習に新たなアイテムを投入してみました。
 
広げた生地をひっくり返すのに便利な長いヘラです。
 
前回までは刃渡り25cmの製品を使って練習していましたが、
ちょっと生地に対して短かったため、35cmのヘラにサイズアップ!
 

 
風の谷のナ◯シカのセラミック刀のようですね(^^)
鉄板いっぱいに広がった生地をしっかり捉えてひっくり返せます。
 

 

 
 
そしていよいよ包装紙デザインが決定しました!
今回はパステルカラーを加えた4種類です(^o^)
 

 
ブルーはクレープをお月様に見立てて夜のイメージ、ピンクは明るい色合いで昼のイメージ。
ナチュラルなブラウンと白は、クレープブラザーズのクレープづくりの模様になっています。
 

 

 

 

 
当日お越しの際はぜひご注目を(^^)
 
それでは、次回のクレープチームからのレポートもお楽しみに!

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-04-18

圧巻の桜トンネル

こんにちは。
神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせのアドタックです。

先日引地川の千本桜を見に行って来ました。
 

 

場所は小田急高座渋谷又は桜ヶ丘駅から徒歩約10分程度で、
引地川に沿って約1.5㎞の桜並木が続くお花見スポットです。
 

 
桜満開の日曜日で天気も良かった事もありお昼頃見に行きましたが、
多くの花見客で賑わっていました。
場所によっては歩道にも桜の木が植えてある箇所もありとてもきれいです。
 

 
幾つか橋が架かっている場所が有り、場所によっては桜の枝が橋の近くまで来ています。
そんな場所は桜の花びらを近くで見れるので、多くの人が写真を撮っていました。
私もパシャリ。
 

 
お花見のために出かけたのは、25年位前に上野に夜桜を見に行ったのが最後でしたが
久しぶりにお花見をして、何となく心地良い一日を過ごす事が出来ました。
 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-04-12

中華街の四聖門

こんにちは
神奈川県大和市の印刷、企画、デザインならおまかせのアドタックです。

中華街に行ってきました。

 


 

中華街には、10基の「牌楼」(パイロウ)が有りますがその中でも4基をご紹介します。
 

東の門 朝陽門(青龍門)

 
東を守る聖獣で青龍の門でもあり、柱が青く日の出を迎える門でも有ります。
 

南の門 朱雀門(朱雀門)

 
南を守る聖獣で朱雀の門には、柱が赤く羽を広げた朱雀が見られます。
厄災を祓い大いなる福を招く門でも有ります。
 

西の門 延平門(白虎門)

 
西を守る聖獣で白虎の門には、柱が白く見上げると白虎の姿が有り平和を願う門でも有ります。
 

北の門 玄武門(玄武門)

 
北を守る聖獣で玄武門には、柱が黒く子孫繁栄をもたらす門でも有ります。
 

何故?白虎門が延平門になったか…
台湾の隠語で白虎は縁起が悪く、日本人には白虎隊をイメージするので相応しくないという理由です。
 
朝陽門が何故青龍門じゃない理由…
白虎門がお蔵入になった事で朝陽門に落ち着いたという背景があったらしいです。
 
この四基の門には、五行説に基づいた門でそれぞれの色と聖獣がきちんと見られるのが
興味深いですね。
 
散策の後は食べ歩き。
かわいいパンダまんでもいかがですか?


 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-04-05

天空美術館

こんにちは。神奈川県大和市の印刷・企画・デザインならおまかせの
アドタックです。
 
先日、水の都は大阪梅田の、天空美術館に行ってきました。
 

 

 
スカイビルという、梅田駅から徒歩約10分。
40階建て、173メートルのビルの27階に、天空美術館はあります。高速エレベーターで一気に上がり、
受付を済ますと、広々としたスペース。
そしてインパクトのある大きな絵画が。
 

 
上記のパンフレットの様な、綿谷幸二氏の幻想的でダイナミックな作品が、絵画だけでなく立体造形も展示されています。
作品のサイズも大きく、間近で見る事が出来るので、プラチナを使った絵画など表面の凹凸もじっくり鑑賞可能です。
また、VRのシアターがあり、展示されている作品を立体として再構築した映像は圧巻。
描かれている生き物達が動き出し、極彩色の綿谷ワールドを旅する事が出来ます。
「あの絵はさっき見た!」という事が沢山あるので、映像の後にもう一度作品を見直す楽しみも。
 

 

 

 
展示スペースを抜けると、大阪西部を見渡せるちょっとしたカフェスペース。
いくつかの作品と、綿谷氏のアトリエの再現コーナーがあります。
ここでは写真を撮る事が出来るので、記念撮影も。
 

 
スカイビルは他にもカフェを併設した展望台や、昭和の街を再現した地下アーケードなどがあり、中々楽しめます。
大阪に行った際は、是非お立ち寄りください。
 

カテゴリー: スタッフブログ 投稿日: 2019-03-29